〒136-0071 東京都江東区亀戸8丁目25-11 1階
東武亀戸線「亀戸水神駅」徒歩5分、JR中央総武線「平井駅」徒歩12分)

受付時間

8:00~20:00
定休日:年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-557-486

台東区で即日対応の不用品回収なら

台東区のお客さまで粗大ゴミ・家電・家具の処分にお困りでしたら、リサイクル ワールド ハウスに不用品回収をお任せください。

即日のご依頼でも対応いたします。

  • ベッドマットレスソファソファベッドは「家電・家具2t平ボディトラック積み放題パック」に含まれません

台東区の不用品回収の実施例

引越し前の不用品回収 ー ベッド、たんす、洗濯機、冷蔵庫、食器類、マットレス、テーブル、テレビ、椅子、カーペット、古着(下谷)

台東区下谷のお客さまから冷蔵庫、洗濯機、テーブル、椅子、ベッド、マットレス、たんす、テレビ、カーペット、食器類、古着などの不用品回収の依頼を承りました。

物置きの不用品回収(浅草)

庭に置いていたスチール製の物置の不用品回収のお問合せを、台東区浅草のお客さまよりいただきました。作業員2名で、細心の注意をはらって運び出しました。

ゴミ屋敷の片付け(蔵前)

お部屋の中がゴミ屋敷になってしまったという相談を、台東区蔵前のお客さまからいただきました。ゴミ袋への袋詰めも当社のスタッフで行いました。

引越しにともなう電化製品(エアコン 、液晶式テレビ、洗濯機、冷蔵庫)の不用品回収・買取り(今戸)

液晶式テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの不用品回収・買取りで、台東区今戸に行って参りました。エアコンの取り外し工事もいたしました。

液晶テレビの不用品回収買取り(入谷)

液晶テレビの不用品回収買取りを台東区入谷でいたしました。年式が新しかったので、買取らせていただきました。

ソファ・テレビの不用品回収(池之端)

台東区池之端のお客さまからブラウン管式テレビと液晶式テレビ、三人掛けソファを不用品回収して欲しいという依頼をいただきました。

引越し後の家電、自転車、家具、ごみ袋、古着の不用品回収(台東)

引越しはしたけれども、処分するために残った自転車、家電、家具、古着、ごみ袋などの不用品回収を台東区台東で行いました。

ソファ、ハンガーラック、掃除機の粗大ごみ回収(根岸)

台東区根岸のお客さまからハンガーラック、掃除機、2人がけソファの粗大ごみ回収の依頼を承りました。

布団、パソコン、洗濯機、テーブル、椅子の不用品買取回収(千束)

洗濯機、パソコン、椅子、テーブル、布団一式の不用品買取回収で、台東区千束にうかがいました。

ガスコンロ、ミニコンポ、冷蔵庫の不用品回収(西浅草)

台東区西浅草から冷蔵庫、ガスコンロ、ミニコンポの不用品回収を実施いたしました。

炊飯器、掃除機、アイロン、ゲーム機、パソコン、プリンター、たんすの不用品回収(東上野)

台東区東上野のお客さまからたんす・ゲーム機・掃除機・アイロン・炊飯器・プリンター・パソコンの不用品回収のお問い合わせを頂きました。

食器棚・本棚・テレビ台・テレビ・こたつの粗大ごみ回収(竜泉)

台東区竜泉のお客さまからこたつ、本棚、食器棚、テレビ、テレビ台のご相談をいただき、粗大ごみ回収いたしました。

引越しで出た不要なお品物(冷蔵庫・洗濯機・エアコン・ガスコンロ・ホットプレート・扇風機・カセットコンロ・物干しハンガー・パソコンデスク)の不用品回収(松が谷)

エアコン、冷蔵庫、ガスコンロ、洗濯機、カセットコンロ、ホットプレート、物干しハンガー、パソコンデスク、扇風機を引越し後、まとめて処分したいということで不用品回収に台東区松が谷におうかがいいたしました。

古本、アイロン台、ゴミ箱、スーツケース、カラーボックス、ソファーベッド、電子レンジ、トースターの不用品回収・不用品買取り(谷中)

電子レンジ、カラーボックス、古本、スーツケース、アイロン台、トースター、ソファーベッド、ゴミ箱の不用品買取り・不用品回収のご相談が台東区谷中よりございました。回収の予約に空きがありましたので、即日でお引取りいたしました。

台東区でスムーズに粗大ごみ・不用品を処分するには

台東区在住の方が粗大ごみや不用品を適法かつスムーズに捨てるためには、まずは地域のごみ出しのルールについて理解しておくことが大切です。

なぜなら、お住まいの地域によって、ごみの分別や捨て方のルール、料金などが異なるためです。

台東区においては、どんなものが粗大ごみとして分類されるのか、不用品を捨てたい場合に地域で収集できないものはあるかを知ることも欠かせません。

そのうえで、地域のごみとして出すべきか、違う方法のほうが便利であるかを検討することが大切です。

また、台東区では収集していないごみについては、どのようにして処分するのか考えなくてはなりません。

どんな場合に不用品回収業者を利用できるのか、どんな風に利用できるのかについてもあわせて確認しておきましょう。

台東区での燃やすごみの収集について

燃やすごみは週2回の収集があり、地域によって収集曜日が異なっています。

粗大ごみなのかを知るためにも、燃やすごみの種類を知っておくことも必要です。

また、大量の燃やすごみは一度に出せないというルールがあり、一度に大量の燃やすごみをまとめて出したい場合、地域のごみでも有料での収集となることがあるので気を付けましょう。

燃やすごみの種類

燃やすごみとなるものは生ごみやちり紙、紙おむつをはじめ、木屑や竹串のほか、プラスチック類やゴム製品や革製品、写真やアルバムなども対象です。

プラスチック類とはビニール袋や発泡スチロールやラップ、プラスチック容器などを指します。

プラスチック類は台東区など多くの区では燃やすごみとして回収してもらえますが、区外や県外などから引っ越してきた方にとっては、プラスチック類は燃やすごみではなかった方も多いのではないでしょうか。

そのため、最初は躊躇される場合や分類に迷われるかもしれませんが、コンビニの弁当パックなどのプラスチック類も残飯と一緒に捨てることが可能です。

なお、ペットボトルや食品発泡トレイ・食品発泡カップは資源ごみとなります。

このあたりの分類が難しいのが悩みどころです。

ゴム製品とは運動靴やボール、自転車のタイヤなどを指し、皮革製品とはカバンや革靴・ベルトなどが対象です。

燃やすごみの出し方のルール

燃やすごみはお住まいの地域の収集日の当日朝8時までに、決められた収集場所に蓋付容器に入れた状態か、中身が見える透明な袋に入れて出します。

一度に出せるごみの量は、45リットルサイズの袋を目安にして3袋までです。

4袋以上のごみが出た場合には、曜日を分けて出すか、有料回収を依頼しなくてはなりません。

不用品回収の活用

断捨離を行った場合や引越し前の清掃を行っていて大量のごみが出た場合どうしたら良いのでしょうか。

捨てたい衣類やカバン、靴などがごみ袋で10袋分あるといった場合、地域のごみに出すとすれば、3袋ずつ、4回に分けて出すことになります。

週に2回しか収集日がないので、約2週間かかります。

それでは引越し日までに間に合わない場合やすぐにでもお部屋をすっきりさせたい場合にはすぐに駆け付けることができる不用品回収業者への依頼がおすすめです。

大量のごみを台東区の地域ごみとして有料回収する方法もありますが、あくまでもご自身でまとめたごみを回収してもらえるだけです。

ごみ屋敷化してしまったお部屋のごみを代わりに片付けてくれることや片付けを手伝ってくれることはありません。

不用品回収業者ではごみ屋敷のお片付けもサポートでき、何日も待つことなく、すぐにでも回収が可能です。

ごみを捨てるにあたり、中身が見える袋に入れて近所の人や通行人に見られるのが不安という方もご相談ください。

秘密厳守、プライバシー保護を徹底して不用品回収ができます。

台東区の燃やさないごみの収集について

台東区での燃やさないごみの収集は、月2回しかありません。

地域によって収集曜日が異なるため、引越しまでに間に合わない、お住まいの売却や賃貸、解体前にごみを出したいのに出せないといった問題も生じます。

燃やすごみと同様、一度に出せる量は45リットルサイズの袋が3袋までで、4袋以上まとめて出したい場合は有料回収となります。

燃やさないごみの種類

台東区における燃やさないごみの種類は、ガラス、金属類、陶磁器など、スプレー缶、カセット式ガスボンベ、ライター、体温計・血圧計・蛍光灯などの水銀を含有するごみ、傘や小型の電器製品などです。

ガラス製品や陶磁器類で割れていないものは「ワレモノ」と袋に表示し、割れてしまったグラスやお皿などを出す時は、回収するスタッフがケガをしないよう、スプレー缶、カセット式ガスボンベ、ライターはなるべく使い切ってから、ガラスや陶磁器などとは別の袋 に入れて「スプレー缶」・「ライター」などと中身を表示して出します。

不用品回収業者の活用

引越しや断捨離をはじめ、遺品整理や生前整理、お住まいの解体などにあたっては、大量の食器類やグラス類を処分したい時もあるのではないでしょうか。

一度に出せる量は3袋までという制約があるうえ、月に2回しか回収日がないので、いつまでもごみを抱え込みかねません。

そもそも、1袋分を出すにも大量のガラス製品や陶磁器類は重くて運び出せないのではないでしょうか。

便利でスムーズに安全に捨てるためにも、不用品回収業者を活用しましょう。

台東区での粗大ごみの出し方

台東区で粗大ごみとして収集しているのは、一番長い部分が30cmを超えるごみで、家電リサイクル法などほかの方法で回収が義務付けられてる製品を除くものです。

本体が30cmを超えているものについては、ご自身で細かく分解した場合や裁断したとしても、燃やすごみや燃やさないごみとして出すことはできません。

 

粗大ごみの出し方

台東区の粗大ごみ受付センターへ、電話またはインターネットで回収の申し込みを行います。

感染対策としてオペレーター数を抑えて対応しているため、電話がつながりにくい場合もあるので、お急ぎの方は気を付けましょう。

申し込みを行うと、収集日と処理料金(有料粗大ごみ処理券の種類・枚数)が案内されるので、指定された有料粗大ごみ処理券の取扱所で有料粗大ごみ処理券を購入してください。

粗大ごみは約束した収集日の朝8時までに戸建て住宅の門前や玄関先、マンションなら1階出入口付近のわかりやすく、通行の支障のない場所にご自身で運び出さなくてはなりません。

粗大ごみ処理券には氏名と集合住宅の方は部屋番号を記入することが必要です。

回収の時間帯をより具体的に知りたい場合、収集予定日の前日、たとえば、月曜日が予定日の場合は土曜日の15時から17時15分の間に台東清掃事務所に問い合わせる必要があります。

高齢者や障がい者向けのサポート

粗大ごみを捨てるには事前に予約のうえ、ご自身で玄関先や集合住宅の階下まで、運び出さなくてはなりません。

ソファやタンスなどの大型の家具や電子レンジや空気清浄機などの重たい家電製品を捨てたい時でもです。

そのため、台東区では65歳以上の高齢者のみの世帯や体に障害があるなどの事情で粗大ごみを運び出すことが困難であり、身近な方や近所の方の助けが得られない場合に搬出をサポートしてもらえる場合があります。

ただし、すぐには依頼できず、下見が必要となるため、台東清掃事務所への相談が必要です。

不用品回収業者を活用するメリット

粗大ごみとして捨てることのメリットは比較的、処分費用が安く抑えられることですが、その分自分で運ばなくてはならず、収集日や時間帯も限られます。

たとえば、マンションの上階で一人暮らしをしている方が収納家具やソファやテーブルを捨てたい場合に、一人でマンションの外まで運び出せるでしょうか。

どんなに力がある方でも難しく、無理に行えば、マンション内を傷付けたり、ご自身が体を痛めたり、ほかの住人に迷惑をかけることさえ想定されます。

小さな電子レンジであっても、手に持ってみるとかなり重たいものです。

そのため、自分や家族、同居人だけでは運び出せない重いものや大きなものなど運び出すのが難しいものについては、不用品回収業者に依頼するのが安心です。

また、収集日の都合が合わない時や今すぐにでも回収しないと引越しなどに間に合わない時、捨てたい粗大ごみが複数ある時なども、プロの不用品回収業者に任せましょう。

高齢者などの場合はサポートを受けることも可能ですが、事前に下見を行うなど時間や手間がかかります。

すぐにでも手間なく、回収をしたい時はプロの不用品回収業者が便利です。

生活家電ごみの持込処分について

粗大ごみの中で、電子レンジやビデオデッキなど一部の生活家電ごみについては、事前予約をすることで、収集ではなく、ご自身で区が指定する場所まで持ち込んで捨てることが可能です。

持込処分のメリットは、収集してもらう場合の半額の料金で済むことですが、ご自身で持ち込む手間や交通費などが必要になるため、必ずしも有利とは言えません。

また、いつでも捨てられるのではなく、事前予約が必要であり、利用にも制限があります。

まず、利用できるのは事業者を除く、台東区内在住の方です。

1回の受付につき1世帯あたり5点までで、同一年度内3回までしか持込処分は認められません。

つまり、1回5点、年15点までとなるので、大量に捨てたいものがある、遺品整理や生前整理、断捨離では活用しにくいのがデメリットです。

手数料半額で持ち込み可能なごみについて

持ち込みできる粗大ごみは、細かく決められています。

家庭から排出された粗大ごみ形状のもので、自ら持ち運びができるビデオデッキ・DVD・BDレコーダー・HDDレコーダー・チューナー・オーブントースター・トースター・電子レンジ・炊飯器・ホットプレート・卓上ミシン・音楽プレーヤー・最大辺80cm未満のミニコンポ・カセットデッキ・1個あたり最大辺50cm未満のスピーカー・アンプなどのオーディオ機器・高さ20cm以下のプリンター・加湿器・空気清浄機に限られます。

持ち込みの流れ

事前予約は電話のみで、インターネット申し込みはできません。

受付時間は火曜日から日曜日(年末年始を除く)午前10時から17時までです。

1個あたり有料粗大ごみ処理券200円分を不用品に貼り付け、予約した日時に持込場所までもっていきます。

持ち込み時には本人確認が必要なため、運転免許証か個人番号カード(マイナンバーカード)、健康保険証などを忘れずに持参しましょう。

不用品回収業者を利用する

手数料が半額になるとはいえ、事前予約して予約した日時にご自身で持ち込まなくてはならず、手間もコストもかかります。

台東区にお住まいの方の場合、マイカーをお持ちの方も少なく、電子レンジ一つでも電車やバス、自転車などで運ぶのも大変な労力を要します。

しかも、持ち込み点数が限られるなど制約も多いため、安上がりと思えても、実はお得とは言えません。

数量や種類の制限なく、すぐに回収に来ることができる、不用品回収業者に依頼するのが便利です。

台東区では収集できないごみ

粗大ごみと思えるものでも、実は台東区では収集できないごみもあります。

うっかり捨てないように気を付けなくてはなりません。

エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機

家電リサイクル法により、製品を購入したお店か買い替えるお店で、リサイクル料を払って回収してもらうことが必要です。

買い替え時に手数料を割引するなどしてくれるお店もあります。

パソコン

資源有効利用促進法により、製造メーカーがリサイクルし、買い替え店や販売店に持ち込める場合もあります。

リサイクル料は、購入したパソコン価格にあらかじめ上乗せされています。

自動車やオートバイ

自動車は自動車リサイクル法により、製造メーカーがリサイクルし、オートバイは製造メーカーや輸入業者がリサイクルに取り組んでいる状況です。

タイヤ・バッテリー・ガスボンベ・消火器・ペンキ・土・金庫・ピアノなど

台東区では収集できず、専門の取扱業者への依頼が必要です。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者なら家電リサイクル法の対象品やパソコン、バイクなども、まとめて回収可能です。

購入店や製造メーカーがそれぞれ異なる家電製品や複数のパソコンを捨てたい時にも、窓口は1つです。

製品ごとにリサイクルの窓口が異なる手間や時間を省き、スムーズに処分したいなら不用品回収業者に相談してください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-557-486
受付時間
8:00~20:00
定休日
年中無休