〒135-0004 東京都江東区森下4丁目23-7 1階(都営地下鉄 新宿線「菊川駅」徒歩5分)

受付時間

8:00~20:00
定休日:年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-557-486

目黒区の不用品回収・廃品回収・粗大ごみ回収ならお任せ下さい

目黒区で粗大ゴミを処分する方法とは?不用品回収業者ならスムーズな処分が可能!

通常、私たちが日頃から出しているゴミは、可燃ゴミも不燃ゴミも出し方やゴミの分別方法などが地域によって異なっていることがほとんどです。

たとえば、市区町村が所有している焼却炉の性能が異なるので、可燃ゴミとして出せるゴミの種類なども異なります。

こういったこともあり、市区町村がゴミ収集のルールを定められなければならないと「廃棄物処理及び清掃に関する法律」と呼ばれる法律により決められているため、必ずゴミ出しのルールについては、市区町村の役場で確認ししなければなりません。

今回は目黒区にお住まいの皆さん、そして目黒区へ転居される予定の方、転居された方にぜひ知っておいていただきたい粗大ゴミの処分方法と不用品回収の方法についてご紹介いたします。

目黒区の粗大ゴミの取り扱いについて

粗大ゴミとは、いわゆる不燃ゴミの一部として分類されているゴミになりますが、一定の大きなサイズになると粗大ゴミとして扱われています。

たとえば、家具や自転車などといった大きな不燃ゴミです。

ただし、具体的にどのようなものが粗大ゴミに当てはまるかどうか、自分の判断では分別がしづらいという方も多いことでしょう。

粗大ゴミの大きさの概念は、自治体によって一部異なるケースがありますので、このサイズと断言することはできませんが、一般的には粗大ゴミのサイズは一辺が30cm以上のゴミが粗大ゴミとして扱われることになっています。

ちなみに、目黒区でも全国の一般的な粗大ゴミの概念と同様で、家具など一辺がおおむね30cm以上のものは粗大ゴミです。

ただし、一辺が30cm以上あるものでも粗大ゴミとして収集できないケースがあります。

たとえば、どのようなものが粗大ゴミとして扱うことができないのでしょうか。

一辺が30cm以上のものでも粗大ゴミとして扱われないものとは?

具体的に粗大ゴミとして処分ができないものは、以下の4つが挙げられます。

家電リサイクル法対象品目の家電製品の場合

まず、家電リサイクル法対象品目の家電製品は、目黒区ではゴミとして収集することができません。

家電リサイクル法対象品目は、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)洗濯機・衣類乾燥機の家電4品目が該当します。

万が一家電リサイクル法対象品目の家電製品を処分される場合は、過去に処分する予定の家電を購入した小売店、もしくは新しいものを買い替える小売店へ直接申し込みをして引き取っていただきましょう。

購入された店舗がすでに廃業されてしまっていたり、もしくは購入した小売店がどこだったか忘れてしまったりなど、小売店が不明な場合は家電リサイクルセンターで受付をしています。

家電リサイクルセンターでの受付方法

家電リサイクル受付センターへ申し込みすると処分を受け付けてもらうことができます。

この場合、引き取りの際に必ずリサイクル料金と収集・運搬料金が別途かかってきますので、事前に用意しておきましょう。

家電リサイクルセンターの電話番号:03-5296-7200

受付時間は月曜日から土曜日の午前8時から午後5時まで受付されています。(日曜日と年末年始は休み) 

 

パソコンやパソコンディスプレイの場合

パソコンとパソコンディスプレイの場合、パソコンリサイクル法の対象品目となっていますので、こちらも目黒区では収集できません。

デスクトップ、ノートパソコン、ブラウン管および液晶ディスプレイディスプレイ一体型パソコンなどは、資源有効利用促進法により、家庭用パソコンメーカーなどの自主的な回収、再資源化がされています。

処分するパソコンメーカーによる回収の申込先は「一般社団法人パソコン3R推進協会」のホームページでも紹介されていますので、参考にしてみてください。

平成15年10月以降に販売されたパソコンのうち「PCリサイクルマーク」が付いているものに関しては、無料で回収が可能です。

ただし、このマークが付いていないパソコンを処分する場合は、回収・リサイクル料金が必要になります。

また、倒産かつ撤退されたメーカーのパソコン、自作のパソコンなどの場合も「一般社団法人パソコン3R推進協会」(電話番号:03-5282-7685)へお問い合わせしましょう。

 

適正な処理が困難なもの

自動車用タイヤ、オートバイ、ピアノ、ガスボンベ類、耐火用金庫、消化器、バッテリー、有害性がある場合や危険性などがあり適正な処理が困難物とみなされものについては、粗大ゴミとして廃棄ができません。

販売店もしくはメーカーなどへ問い合わせましょう。

もしくは不明な場合は目黒区清掃事務所へお電話などで相談してみてください。

事業活動により発生した粗大ゴミ 

事業系粗大ゴミ、つまり事業所や商売などで使っているものに関しては、区の粗大ゴミとして収集することができません。

事業用の粗大ゴミは処理業者へ依頼が必要です。

目黒区の粗大ゴミ廃棄方法

目黒区で粗大ゴミを廃棄する方法についてご紹介していきます。

まず粗大ゴミを処分する際には、必ず粗大ゴミ受付センターを事前に申し込みを実施します。

現在は申し込みから収集まで2週間から4週間かかるケースもあり、できれば日程に余裕を持って申し込みをすると良いでしょう。

粗大ゴミ処分の流れ

具体的な粗大ゴミの処分の流れを見ていきましょう。

粗大ゴミ受付センターへ申し込み(目黒区粗大ゴミ受付センター)

電話もしくはインターネットを通じて、目黒区粗大ゴミ受付センターへの申し込みをします。

申し込みの際は、収集日と処分に必要な金額を案内してもらえますので確認しましょう。

収納家具類に関しては、サイズ(高さ、横幅、奥行のうち長い2辺の合計)により処理手数料が異なってきますので、事前に廃棄予定品の寸法を確認してから申し込みされることをおすすめします。

現在、新型コロナウイルス感染症予防のため、電話受付オペレーターの安全や衛生に配慮して運営されていますので、月曜日と火曜日の午前中は特につながりにくい状況となっています。

つながらない場合は、ほかの曜日、時間帯にお電話すると良いでしょう。

インターネットならば24時間365日いつでも申し込みができますので、新規申し込みや品目・手数料の確認についてはインターネット環境がある方はインターネット受付の利用が推進されています。

電話からの申し込み方法 

粗大ゴミ受付センターは、03-5715-0053へお電話ください。

受付時間は、日曜と年末年始を除く月曜日から土曜日午前8時から午後7時までとなっています。

月曜日から土曜日であれば、祝日であっても受け付けしています。

インターネットから申し込み方法 

目黒区では下記のアドレスへまずアクセスします。

https://www2.sodai-web.jp/meguro/index.html

粗大ゴミインターネット申込ボタンを押すと、「新規申込」もしくは「追加変更・一部キャンセル」、「キャンセル」が可能になっています。

新規申込の場合は、メールアドレスの登録画面が表示され、メールアドレスを登録後、URLリンクが添付された返信メールが届きますので、そちらのURLリンクから申し込みが可能です。

インターネットは24時間申し込みが可能ですが、申し込みできる品目に制限がありますのでその点は注意すると良いでしょう。

有料粗大ゴミ処理券の購入 

手数料は、粗大ゴミの種類により金額が異なっているのです。

目黒区で廃棄する場合、金額に応じて有料粗大ゴミ処理券を購入し、ゴミへ直接貼り付けする必要があります。

有料ゴミ処理券には、有料粗大ゴミ処理券(A券)200円、有料粗大ゴミ処理券(B券)300円の2種類が用意されており、粗大ゴミ手数料に合わせて処理券を組み合わせ購入します。

有料ゴミ処理券を購入できる取扱店は、区内全域にあるコンビニエンスストア各店舗(一部取り扱いのない店舗もあり)、区内のスーパー、公募店などで購入が可能です。

区外の周辺区の一部スーパーなどでも購入が可能ですが、区外で購入される場合は、目黒区のゴミ処理券を購入するように注意しましょう。

有料粗大ゴミ処理券を粗大ゴミに貼付

購入した有料粗大ゴミ処理券に収集予定日、氏名または申し込み完了時の受付番号を記入し、粗大ゴミごとに処理手数料に応じた枚数分をわかりやすい場所に貼り付けします。

収集日当日

収集日の当日、朝8時までに粗大ゴミ処理券を貼り付けした粗大ゴミを自宅前に出します。

収集時間を知りたいという場合は、収集日前日に清掃事務所へ連絡すると教えてもらえます。

粗大ゴミの処分料金 

粗大ゴミの処分料金は「粗大ゴミの出し方」が掲載された目黒区の公式サイトから確認することができます。

今回は、一部の例を紹介します。

  • 1
    300円の品目
     
    ・収納家具類(最大2辺の合計が140cm以下) 
    ・アイロン台 
    ・オーディオ機器 
    ・扇風機
  • 2
    600円の品目
     
    ・収納家具類(最大2辺の合計が140cmを超え200cm以下)
    ・ミシン 
    ・湯沸かし器 
    ・電子レンジ
  • 3
    1,000円の品目
     
    ・収納家具類(最大2辺の合計が200cmを超え270cm以下 )
    ・風呂釜
    ・食器洗い乾燥機
    ・ドレッサー
  • 4
    1,700円の品目
     
    ・収納家具類(最大2辺の合計が270cmを超え360cm以下)
    ・応接用二人以上掛け200cm以下のソファー 
    ・ウッドカーペット広さ6畳以上
    ・ベッド(セミダブル、ダブル、キング、クイーン)
  • 5
    2,000円の品目
     
    ・二段ベッド
  • 6
     
    2,400円の品目
     
    ・収納家具類(最大2辺の合計が360cmを超える) 
    ・両袖机 

廃棄物処理手数料が減額または免除が受けられる対象者 

ある一部の方は廃棄物処理手数料が減額もしくは免除を受けることができます。

一般的に生活保護受給者などの方などが対象になるのですが、目黒区では対象者を大々的に公開されていませんので、一度対象者に該当されるかを粗大ゴミ受付センター(03-5175-0053)へ直接電話にてお問い合わせすると良いでしょう。

 

粗大ゴミの処分は不用品回収がおすすめ!

目黒区の粗大ゴミ廃棄は、自宅前で処分してくれるので、持ち込みの必要もなく便利ではありますが、集合住宅にお住まいの方は運び出しも大変ですし、目黒区は収集予定日が2週間から4週間ほどかかる現状のため、スムーズな処分ができません。

そのため、よりスピーディーに処分を検討されている場合、不用品回収業者のご利用がおすめです。

不用品回収では、不用となった粗大ゴミもまとめてトラックで運び出すことができますので、女性の一人暮らしの方や高齢の方も運搬する必要がありません。

また、こちらの都合の良い日程に合わせて近日中に予約を入れてくれるので、早めに処分したいという方には安心です。

中には、即日回収が可能な不用品回収業者がありますから、引っ越しなどで粗大ゴミが大量に出る際もすっきりと片付けることができますので大変便利です。

また、 料金もしっかりと見積もりを出してくれます。

リサイクルワールドハウスなら即日回収もOKで安心

ベッドマットレスソファソファベッド家電・家具2t平ボディトラック積み放題パック含まれません

リサイクルワールドハウスは、年間1,000件以上の不用品回収実績のある年中無休で安心の不用品回収業者です。

これまでの経験をもとに速やかな見積もりと回収作業を実施いたします。

他社の業者の見積もりで高いと思われたら、弊社はより安くお見積もりさせていただきます。

もちろん大型家具、大型家電の運び出しも行いますので、お客様の方での運び出しは一切必要ありません。

さらに、小物の袋詰めゴミの回収もいたしますし、古物商許可のあるプロフェッショナルですので、買取ができるものは同時に買取も実施することができます。

少量の粗大ゴミから、引っ越しなどで大量に出る粗大ゴミまで対応し、ゴミの量に合わせたトラックのプランで無駄なくお見積もりさせていただいております。

時間帯や業務の集中度合いによっても異なりますが、即日回収も可能な業者です。

お客様の希望に合った日時で近日中に回収に伺いますので、スピーディーな回収を検討されている場合はぜひご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

不用品回収・不用品買取回収・粗大ごみ回収についてのご相談は、0120-557-486フリーコールでご利用いただけます。お気軽にご相談ください。
お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-557-486
受付時間
8:00~20:00
定休日
年中無休