〒136-0071 東京都江東区亀戸8丁目25-11 1階
東武亀戸線「亀戸水神駅」徒歩5分、JR中央総武線「平井駅」徒歩12分)

受付時間

8:00~20:00
定休日:年中無休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-557-486

不用品回収 江戸川区のおすすめ業者

不用品回収業者を江戸川区でお探しでしたらリサイクルワールドハウスへ!

江戸川区で引越しに伴う粗大ごみ回収、トランクルームの解約による不用品回収、 大型リサイクル家電・家具処分に伴う不用品買取り・不用品回収に関するお悩みを解決致します。

  • ベッドマットレスソファソファベッドは「家電・家具2t平ボディトラック積み放題パック」に含まれません

江戸川区で選ばれる理由

江戸川区で選ばれる理由
江戸川区で不用品回収の安さには自信があります。
安さには自信があります

お気軽にお問合わせください。

急ぎの不用品回収のご依頼でも、スピード対応いたします。
スピード対応

急ぎの不用品回収のご依頼、即日でも対応可能です。

江戸川区の不用品回収実績No.1
江戸川区の不用品回収実績No.1

経験豊富で親切な回収スタッフが、丁寧にお品物を運び出します。

江戸川区の不用品回収・お見積もり、即日でも対応可能です。
即日回収OK
即日見積もりOK

江戸川区の不用品回収・お見積もり、即日でも対応可能です。

古物商許可のあるプロフェッショナルな不用品回収業者
古物商許可のあるプロフェッショナル
お見積もりは、明確に料金を提示しております。
明朗な見積もり

明確にお見積もり料金をお出しいたします。

江戸川区の不用品回収のご紹介

江戸川区の不用品回収のご紹介

お急ぎの遺品整理・不用品回収の依頼

東京都江戸川区のご実家を引き払う事になってしまったそうで、片付けをしていて大量の不用品があるので回収をお願いしたいとお問い合わせの電話をいただきました。

1週間後には、管理会社に引き渡すとのことで、お急ぎの様子でした。

「お客様のために最善を尽くす」のが私個人のモットーでして、当日(土曜日)、約1時間後にお見積りに伺いました。

大量の古本や鍋類、洋たんす、和たんす、食器棚(2個)、布団、炊飯器、布団乾燥機、ガスコンロ、ビデオデッキ、プラケース…などなどのお品物で本当に片付けが大変な様子でした。

お客様は、平日が不用品回収日だとお仕事を休まなくてはならなくなる…とお困りだったので、次の日の日曜日に不用品回収の予約日程にしました。

回収作業後、空になったお部屋を見たお客さまのホッとされた笑顔を見ると、私も本当に不用品が片付けられて良かったと思いました。とてもスムーズに問題を解決することができました。

江戸川区のお客さまから、1週間後には実家を引き払うので、急いで家具・家電・粗大ごみを処分したいというご依頼を受けた時のお品物の写真。

「自分にぴったりな不用品回収のサービスを見つけることができました。」

不用品回収(江戸川区)の無料見積もりから回収まで

今回は、江戸川区編です。

家電・家具・粗大ゴミを不用品回収業者に、無料見積もりから不用品回収を依頼する流れを紹介したいと思います。

お部屋の整理で一番大変な、遺品整理・お引っ越しの際に出た不用品の処分を特集致しました。

 

遺品整理は、ご自身、もしくは、ご家族でひと部屋や一軒家の家具・家電の処分、雑貨のゴミ袋詰め作業をします。

この作業を一人でしたり、家族全員でするにしても本当に大変です。

 

ゴミ袋詰めに何日もかかってしまったり、運び出す事も無理なぐらいな大型家具や大型家電を処分しないといけなかったり・・・。

大きな食器棚・たんす・ベッド・マットレス・ソファ・冷蔵庫・洗濯機など・・・。

ましてや、エレベーターがなければ階段で運び出すなどと、本当に大変な作業です。

 

引っ越しや、部屋の整理などで出た粗大ゴミの処分も大変な作業です。

今まで暮らしてきた部屋の大掃除だけでも大変だと思いますが、引っ越し・遺品整理となると作業内容が大掃除とは少し違いますよね。

引っ越しや遺品整理をする時は、ほとんどの家具・家電・雑貨などを処分するというところが違います。

 

ですから、必要なものと不要なものの仕分け作業があります。

この作業に、時間が本当にかかるんですよね。

 

次に、不要なものと必要なものを分け終わると、不要なものをゴミ袋に詰める作業に取り掛かります。

たんす・クローゼット・押入れの中も空にしなくてはいけません。

何年も使ってない洋服や雑貨・古本は、思い切って処分しなければならないのです。

キッチンも同様に、お皿・鍋類、調理器具なども、必要なものと不要なものに分けてゴミ袋詰めをします。

 

ただし、不用品回収の対応ができない不用品がありますので、注意しましょう。

・ライター、マッチ、スプレー缶等の可燃物

・食品、食品が付いた容器

・ペットボトル、ガラス瓶

・液体・粉類  (調味料、化粧品、洗剤なども含む)

・土、砂、石、コンクリート

・危険物

・医療系廃棄物、動物の死骸、血液等が付着した物

 

さて、不要なもののゴミ袋詰め作業も終わり、部屋が少しスッキリしたところで、次に考えることは、家具・家電・布団・カーテンをどうするかです。

 

カーテンは、ゴミ袋に入れて可燃物として捨てられます。

なお、荷造りで出た大量の可燃ごみや不燃ごみのゴミ袋を、いっぺんにゴミの日に出せないのはご存知でしょうか。

45リットルのゴミ袋で3袋までが、一度に出せる量とのことです。

 

家電というと、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・DVDプレーヤー・ブルーレイディスクプレーヤー・電子レンジ・炊飯器・アイロン・ドライヤー・エアコン・トースター・コーヒーメーカー・ホームベーカリー・オーブン・パソコン・ノートパソコン・タブレットなどがあります。

 

また、家具というと、ベッド・たんす・チェスト・ダイニングテーブル・椅子・ソファ・食器棚・本棚・カラーボックス・衣装ケース・テレビ台・物干し台・カーペット・シーリングライトなどがあります。

 

さあ、処分するものが決まりました。

いよいよ、不用品回収業者を探すことにしましょう。

江戸川区対応可能な、無料見積もりサービスのある不用品回収業者を探す

不用品として処分するゴミの整理ができたら、無料見積もりサービスのある江戸川区対応可能な不用品回収業者を探します。

リサイクルワールドハウスでは、無料で見積もりをしていますので、ぜひ無料見積もりをご予約下さい。

 

  • 不用品回収の対応可能なゴミの確認や、回収サービスの流れなど不明なことを、問合せをした際に聞いておきましょう。
  • 不用品回収料金の見積もりを複数社から取るようにしましょう。
  • 納得のいく料金やサービスを提供してくれる回収業者を選ぶようにしましょう。
  • 不用品回収業者の口コミも確認しておくのも良いと思います。

不用品回収業者(江戸川区)に予約を取る

江戸川区が対応可能な不用品回収業者の複数社から見積もりをだしてもらったら、納得いく料金とサービスを提供してくれる不用品回収業者を選びます。

 

そして、不用品回収日の予約を取ります。

スケジュールに余裕をもって事前に予約を取るのが理想です。

けれども、急な不用品回収をご希望の場合は、仕方ありませんので急いで予約を取りましょう。

江戸川区の不用品回収の当日

不用品回収(江戸川区)の当日の前日までに、処分する粗大ゴミを再度確認します。

 

誤って貴重品などが不用品の中に混じっていないか確認しておくことも大切です。

 

また、追加で出た細々した可燃物ごみや不燃物ごみもゴミ袋に詰めておきましょう。

 

さて、不用品回収の当日になりました。

予約の時間に不用品回収作業員が到着します。

作業員が再度、無料見積もりで提示した料金を申し上げます。

当日に、追加で出したい不用品があれば、作業が開始される前に不用品回収作業スタッフに相談するのが良いです。

そして、もう一度見積もり金額を出してもらいましょう。

お客さまから、お見積もり金額でご了承をいただいているかどうか確認をいたします。

それから、不用品の運搬作業が開始されます。

 

運搬中にお部屋や廊下、階段、玄関の壁や床に傷を付けないよう、慎重に運搬致します。

トラックの荷台のスペースに無駄がないように、効率良く不用品をトラックに積んでいきます。

マンション内の公共スペースや駐車しているトラックの周りなどの通行者への配慮も忘れずに、安全に気を付けて運搬作業をしていきます。

 

不用品回収作業員が運搬作業をしている間、お客様は、お部屋で待機していて下さい。

 

無事にすべての粗大ごみ、家具、家電、ゴミ袋などをトラックに積み終わり、不用品回収作業が終了いたしました。

 

お客様に処分する物がすべて回収されているか、お部屋の中に残されていないかを確認して頂きます。

それから、お支払いとなります。

 

これで、お部屋が片付けられましたね!

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

江戸川区の不用品回収事例

不用品回収 - 1戸建ての引越し後の家具・家電・カーペット・ゴミ袋・段ボールなど(東小岩)

引越しは済んでいるけれど、不要になった家具(ソファ、テレビ台、テーブル、いす)や、家電(テレビ、冷蔵庫、トースター、空気清浄機、加湿器)、ゴミ袋が10個以上、ダンボールに入ったゴミ10個以上、カーペットなどを不用品回収に出したいという依頼を承りました。江戸川区東小岩までうかがい、2tトラック2台分を回収しました。

不用品回収 - テーブル、たんす、布団、カラーボックス(平井)

江戸川区平井のお客さまからの依頼で、たんす、テーブル、カラーボックス、布団などを不用品回収しました。

粗大ごみ回収 - オフィスから電化製品(マッサージチェア 、送風機、温風器、扇風機、 パソコン、)(南葛西)

江戸川区南葛西のオフィス内で廃棄にする扇風機、温風器、送風機、パソコン、マッサージチェアの処分の依頼があり、粗大ごみ回収にうかがいました。

粗大ごみ回収 - たんす・食器棚・テレビ台・ソファ(江戸川)

江戸川区江戸川のお客さまから2人がけソファ、食器棚、たんす、テレビ台の粗大ごみ回収の依頼を承りました。

不用品回収 - 脚付きシングルベッド(中葛西)

シングルベッドの不用品回収に江戸川区中葛西まで行ってきました。

不用品回収・不用品買取り - 洗濯機(ドラム式)、ハンガーラック、冷蔵庫、椅子、テーブル、布団、本棚、体重計(篠崎町)

お部屋の引渡し日がせまっている急ぎのご依頼で、江戸川区篠崎町のお客さまよりお問い合わせをいただきました。即日でお見積もりに伺い、翌日に不用品買取り、不用品回収をしました。お客さまには、引渡し日の前日に部屋が片付けられて良かったと喜ばれました。お品物は、洗濯機(ドラム式)、体重計、本棚、ハンガーラック、布団、冷蔵庫(5ドア)、テーブル、椅子などでした。

粗大ごみ回収 - テレビ台と液晶テレビ(一之江)

江戸川区一之江のお客さまからの問い合わせで、液晶テレビ・テレビ台の粗大ごみ回収の依頼がございました。

不用品回収 - ガスレンジ・カーペット・ベッド(松島)

ダブルベッド、ガスレンジ、カーペットの不用品回収依頼を江戸川区松島のお客さまから頂きました。

不用品回収買取り - 電子レンジ、ガスコンロ、カラーボックス、ソファ(春江町)

2人掛けソファ、ガスコンロ、カラーボックス、電子レンジの不用品回収買取りのお問い合わせが、江戸川区春江町のお客さまよりありました。電子レンジは、新しい年式でしたので不用品買取りいたしました。

不用品買取り・不用品回収 - 洗濯機・冷蔵庫・電子ピアノ・ゴルフクラブ(船堀)

ゴルフクラブ、冷蔵庫(2ドア)、洗濯機、電子ピアノの不用品回収・不用品買取りに江戸川区船堀にお伺い致しました。

不用品回収 - スノーボード・靴・自転車(松江)

江戸川区松江にて靴、自転車、スノーボードの不用品回収の依頼を頂きました。

ごみ回収 - 引越し前のゴミ袋・古本(西瑞江)

江戸川区西瑞江のお客さまから、家具や家電のような大きな物の引越しは既に済み、可燃物が入ったゴミ袋が10個ぐらいと、大量の古本のごみ回収のお問い合わせがありました。

粗大ごみ回収 - ゲーム機(プレーステーション)、布団、エアコン、トースター(小松川)

エアコンは取り外し工事も弊社にて致しました。布団、トースター、ゲーム機(プレーステーション)の粗大ごみ回収のお問い合わせを江戸川区小松川のお客さまから頂きました。

不用品回収 - 掃除機・ローテーブル・給水機、衣装ケース(中央)

江戸川区中央のお客から給水機、ローテーブル、衣装ケース、掃除機の不用品回収をして欲しいという依頼がございました。

粗大ごみ回収 - 扇風機・パン焼き機、たこ焼き器、ホットプレート(北小岩)

江戸川区北小岩へ、たこ焼き器・ホームベーカリー(パン焼き機)・ホットプレート・扇風機の粗大ごみ回収で行って参りました。

江戸川区で粗大ゴミや不用品を処分するにはどうしたらいい?
おすすめ処分方法をご紹介

家具、家電、健康器具などの大型製品は、お住まいの地域の粗大ゴミへ出して処分するのが基本です。

粗大ゴミの出し方や料金については、自治体によってルールが定められています。

また、各自治体によって、引き取りしてもらえる粗大ゴミや不用品の種類も異なるため、役所のホームページなどで確認が必要です。

今回は、江戸区エリアでの粗大ゴミの処分方法、処分費用などについて、ご紹介いたします。

江戸区にお住まいの方で、不用品の処分で困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

江戸川区で粗大ゴミとして出せるもの

最初に、どんなものが粗大ゴミ扱いとなるのかについて、見ていきましょう。

江戸川区では、一辺の長さが30cm以上のものを粗大ゴミとしています。

江戸川区の公式サイトには、粗大ゴミの品目に関する具体的な記載があります。

処分したいものが粗大ゴミに該当するかどうか利用前に確認しておいたほうが良いでしょう。

粗大ゴミ品目の例については、以下の通りです。

家具製品

江戸川区では、テーブル、椅子、タンスなどさまざまな家具製品の回収を行っています。

二段ベッド、ダブルベッドも粗大ゴミとして捨てることができます。

ウッドカーペットなどは、180cmを超えるものに関しては、それ以下のサイズに切断しなくてはなりません。

寝具類

布団、毛布、マットレスなどの寝具も粗大ゴミの回収対象品目となっています。

ウオーターベッドやエアーベッドについては、水や空気を抜いておく必要があります。

健康グッズ

マッサージチェア、ぶら下がり健康器、エアロバイクなどの健康グッズも粗大ゴミとして処分可能です。

楽器やオーディオ機器

ギターやシンセサイザーなどの楽器類、スピーカーやラジカセなどのオーディオを機器も粗大ゴミとして処分できます。

ただし、グラウンドピアノやアップライトピアノについては、江戸川区では粗大ゴミの対象外です。

ピアノの処分については、専門業者へ相談してみてください。

家電製品

ヒーター、電子レンジ、加湿器、空気清浄機、扇風機、掃除機、こたつなどの家電製品も粗大ゴミの対象です。

ただし、エアコン、テレビ、冷蔵庫や洗濯機など一部の家電製品については、家電リサイクル法の対象となるため、粗大ゴミは利用できません。

その他

キャンプ用品、ウオッシュレット、脚立、車いす、自転車なども、粗大ゴミの対象となっています。

30cm以下の不用品の処分方法

ここからは、江戸川区での粗大ゴミや不用品の処分方法について、お伝えしていきます。

一辺の長さが30cm以下のものは可燃ゴミや不燃ゴミへ

一辺の長さが30cm以下のものであれば、可燃ゴミ、もしくは、不燃ゴミに出すことができます。

30cmを超えたものであっても、小さく解体してしまえば、粗大ゴミを負担せずに処分可能です。

カラーボックスなどの簡易的な木製家具であれば、解体や切断も簡単に行うことができるでしょう。

ご自宅で解体作業をする際には、怪我や騒音に注意してください。

また、ねじ、取っ手などの金具、脚のゴムなど部品の分別も必要です。

小型家電回収ボックスを利用する

デジタルカメラ、携帯電話、ゲーム機、電子辞書などの小型家電製品は、燃やさないゴミとして出すほかに、小型家電回収ボックスも利用可能です。

粗大ゴミのように、回収手数料などの料金は一切かかりません。

小型家電回収ボックスは、区役所など区内の施設に設置されています。

カメラや携帯電話を捨てる際には、データの消去やバックアップを忘れずに行っておきましょう。

江戸川区の粗大ゴミの利用方法

30cmを超える大きなものは、粗大ゴミとして処分します。

江戸川区の粗大ゴミの出し方については、以下の通りです。

①粗大ゴミ受付センターへ申し込みする

粗大ゴミ受付センターを利用する際には、事前に粗大ゴミ受付センターへの申し込みが必要です。

お申し込み方法については、インターネット、もしくは、お電話のどちらかとなります。

インターネットは、24時間いつでもお申し込みができますので、仕事が忙しい方でも気軽に利用しやすいでしょう。

②江戸川区有料粗大ゴミ処理券を購入する

お申し込みが終わったら、江戸川区有料粗大ゴミ処理券を購入します。

江戸川区有料粗大ゴミ処理券は、A券(200円)とB券(300円)の2種類があります。

処分したい粗大ゴミの手数料に応じて、必要な額を購入してください。

参考までに、江戸川区では、椅子を粗大ゴミとして処分する場合は、1点あたり400円の手数料が必要です。

その場合は、200円のA券を2枚購入しておかなくてはなりません。

江戸川区有料粗大ゴミ処理券については、清掃事務所、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで取り扱いしています。

③「収集」あるいは「持ち込み」のどちらかで処分

粗大ゴミの引き取り方法は、「持込」と「収集」のどちらかとなります。

持ち込みする場合は、自力で粗大ゴミの持込施設まで運ばなくてはなりません。

江戸川区の粗大ゴミ持込施設は、西葛西と篠崎町の2ヶ所がありますので、都合が良い施設を選んでみてください。

お申し込みの際に収集を選んだ場合は、指定日の朝に、決められた集積所へ粗大ゴミを自分で持っていきます。

粗大ゴミには、事前に購入しておいた江戸川区有料粗大ゴミ処理券に、受付番号等を記入して張り付けておきましょう。

「持込」と「収集」のどちらを選んだ場合でも、結局のところは自力で運ばなくてはなりません。

ベッド、ソファ、ダイニングテーブルなど大型家具を捨てたい時は、運搬を手伝ってくれそうな人も探しておいたほうが良いでしょう。

テレビや洗濯機などは家電リサイクル対象品の処分

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの家電製品は、家電リサイクル法の対象品目となっているため、粗大ゴミとして処分することができません。

粗大ゴミ収集場へ運んだとしても、江戸川区では回収してもらえないのです。

家電リサイクル対象品の処分する際には、以下の方法を検討としてみると良いでしょう。

①購入予定の家電店で引き取りしてもらう

新しい家電製品を購入する予定がある場合は、そのお店で古いものを引き取りしてもらえる可能性があります。

その際には、リサイクル料金や収集運搬料金の支払いが必要です。

購入予定のお店で相談してみてください。

②購入店で引き取りしてもらう方法

不用品処分だけの場合は、購入店で引き取りしてもらう方法もあります。

購入店へ依頼する場合も、リサイクル料金や収集運搬料金を支払わなくてはなりません。

③家電リサイクル受付センターへ依頼する方法

購入店が不明の場合は、家電リサイクル受付センターへ依頼して引き取ってもらうと良いでしょう。

家電リサイクル受付センターを利用する場合は、お電話やインターネットで事前の申し込みが必要です。

④中間集積所へ自力で持ち込む

中間集積所へ持ち込みすることで、処分することも可能です。

江戸川区内には篠崎町と東葛西の2ヶ所に中間集積所がありますので、都合の良い場所を選び、事前に連絡したうえで持ち込みしてください。

⑤家電リサイクル法対象品指定引取場所へ持ち込む

自力で運搬が可能な方で、処分費用を安く抑えたい方は、家電リサイクル法対象品指定引取場所へ持ち込んでみると良いでしょう。

この方法であれば、収集運搬料金は不要です。

リサイクル料金のみで処分できます。

リサイクル料金や収集運搬料金はいくらかかる?

リサイクル料金や収集運搬料金については、品目、サイズ、製造メーカーによって異なります。

エアコンは990円~、液晶テレビは1,870円~、冷蔵庫は3,740円~、洗濯機は2,640円~となっています。

詳しい料金については、一般財団法人家電製品協会の公式サイトで調べてみてください。

 自力での不用品運搬が大変な時は

小型の家具や家電製品であれば、一般ゴミの日に出すことで、簡単に不用品の処分が可能です。

ただ、大型家電製品や家具などを処分する際には、収集場所までへの運搬方法についても、考えなくてはなりません。

一人暮らしの方、高齢者のみの世帯、怪我をしているなどの事情がある方だと、自力での運搬が難しいこともあるでしょう。

そのような場合に、おすすめの不用品処分方法をご紹介いたします。

①不用品回収業者を活用する方法

不用品回収業者へ依頼すれば、いらないものの処分や運び出し作業などをすべてお任せすることができます。

依頼方法についても、電話やメールなどで連絡するだけなので、面倒な手間もかかりません。

不用品回収業者の中には、まとめての引き取りを歓迎しているところも多いです。

そのような不用品回収業者を活用すれば、一気にいらないものを片付けることができるでしょう。

お引越し、部屋の模様替え、年末の大掃除、遺品整理など不用品が大量に出る時に活用してみてはいかがでしょうか?

②便利屋にお願いする方法

不用品を1点だけ処分したいけれど、自力での運搬が難しい時には、便利屋に頼むという方法もあります。

家具や家電の運び出し作業を便利屋のスタッフへ任せてしまえば、体力を消耗することなく、いらないものを片付けることができます。

③出張買取サービスを利用して売却

不用品回収業者や便利屋へ依頼する場合は、人件費や出張費がかかるため、費用がかかってしまいます。

自治体の粗大ゴミ回収料金よりも、割高となってしまうのがデメリットです。

状態の良い家具、年式が新しい家電製品など売れそうなものをお持ちの場合は、出張買取サービスを利用するのも手です。

この方法であれば、自力での運搬の手間は不要なうえに、おこづかいが手に入るというメリットがあります。

テレビや冷蔵庫など家電リサイクル法対象品目も、売却してしまえば、リサイクル料金の負担も不要です。

状態の良い不用品を捨てるのがもったいない時は

買ったばかりの家具や家電、プレゼントでもらった品物などは、捨てるのがもったいないと感じてしまうこともあるでしょう。

いらないけれど、もったいなくて捨てることができない不用品に関しては、以下の処分方法を検討してみてはいかがでしょうか?

①リサイクルショップなどへ売る

リサイクルショップでは、家具、家電、楽器などさまざまなものを買取しています。

査定して値段が付けば、その場ですぐに買取してもらうことも可能です。

とりあえず査定だけでも、受けてみると良いかもしれません。

②ネットオークションやフリマアプリで売る

インターネットオークション、フリマアプリを使って不用品を売却する方法もあります。

この方法は、自分の設定した値段で売れやすいのがメリットです。

リサイクルショップの査定額に不満がある場合は、ネットオークションやフリマアプリの出品を考えてみると良いでしょう。

③ほしい人に譲ってしまう

値段が付かなそうなものである場合やリサイクルショップやフリマアプリなどで売却する手間をかけたくないという場合は、ほしい人に譲ってしまうと良いかもしれません。

貰い手を見つける方法としては、友達や知人に声を掛ける、掲示板やSNSなどのインターネットを活用するなどの手段があります。

利用価値の高いものであれば、施設などへの寄付も考えてみると良いでしょう。

不用品や粗大ゴミ処分についてのまとめ

ここまで、江戸川区の不用品や粗大ゴミの処分方法について、ご紹介してきました。

江戸川区では、30cm以下のものは、一般ゴミとして処分できます。

30cm以上のものについては、粗大ゴミ扱いとなりますので、200円や300円の有料粗大ゴミ処理券を購入しなくてはなりません。

組み立て式家具、木製の簡易的な家具であれば、自力で解体して一般ゴミに出してしまえば、粗大ゴミ料金の負担なしで処分することも可能です。

売れそうな価値のあるものであれば、リサイクルショップ、フリマアプリなどを活用して、現金化を検討してみてはいかがでしょう?

効率的、かつ、体力の消耗なしで不用品を処分したいのであれば、不用品回収業者を活用するのがおすすめです。

弊社でも、不用品のお引き取りサービスを行っております。

家具や家電製品の回収はもちろんのこと、エアコンの取り外し処分もお任せください。

スケジュール次第では即日回収にも対応対応可能です。

お引越しや遺品整理などですぐに不用品を片付けたい時も、弊社までご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-557-486
受付時間
8:00~20:00
定休日
年中無休